◎4月と5月は研究者と詩人を講師に、個人と国家の在り方を考える連続企画。どちらか一講座でもご参加歓迎です。

4月23日「最近のヘイト─排外ムードの現状と東アジア」講師:岡本朝也さん
ヘイトスピーチとは何か、なぜ駄目なのか、そして今、規制はどうなっているのか…といった現状を紹介しつつ、これまでの「東アジアを考える」を振り返り、目指していく先をご一緒に確認する機会に。

5月14日「無国籍在日サラムの視座から想うこと」講師:丁章さん
「人間を幸福にするために発明されたはずの国家が、人間の幸福を侵害していないか?」─朝鮮籍で事実上の無国籍者の丁章さんから見える国家とは、個人とは。在特会ヘイトスピーチ 、愛国心教育、トランプの壁、難民排斥、英国 EU 離脱といった国内外の潮流に照らしながら、「抵抗者の視座」から日本と世界を考えます。

岡本