東アジアを考える イメージ画像

2018年05月

6月18日(月)は高麗美術館事務長の鄭喜斗さんがをお招きします。「高麗美術館には展示品より大切なものがある」という鄭喜斗さんに、父鄭詔文さんの人生を振り返りつつ、広く在日の歴史と重なる美術館設立までの道のり、また、南北米朝会談への思いや今後の美術館の姿など
『6/18 わが父 鄭詔文と高麗美術館』の画像

↑このページのトップヘ