東アジアを考える イメージ画像

更新情報

6月18日(月)は高麗美術館事務長の鄭喜斗さんがをお招きします。「高麗美術館には展示品より大切なものがある」という鄭喜斗さんに、父鄭詔文さんの人生を振り返りつつ、広く在日の歴史と重なる美術館設立までの道のり、また、南北米朝会談への思いや今後の美術館の姿など
『6/18 わが父 鄭詔文と高麗美術館』の画像

5月の講師は詩人の丁章さん。無国籍在日サラムという「抵抗者の視座」から見える世界とは。
『5月例会』の画像

◎4月と5月は研究者と詩人を講師に、個人と国家の在り方を考える連続企画。どちらか一講座でもご参加歓迎です。4月23日「最近のヘイト─排外ムードの現状と東アジア」講師:岡本朝也さんヘイトスピーチとは何か、なぜ駄目なのか、そして今、規制はどうなっているのか…と
『4月、5月のご案内』の画像

大阪自由大学講座討論集会 3月27日の(火)「東アジアを考える」の討論会は、3月13日にアメリカのティラーソン前国務長官解任をうけて急遽企画したものです。その頃に比べると米朝間の対話には、希望が持てるような雰囲気になってきたかもしれません。しかし、いつま
『東アジア講座討論集会「38度線の危機!?」』の画像

↑このページのトップヘ