東アジアを考える イメージ画像

更新情報

2011年、タリバンの迫害から日本に逃れたレザさん。日本で夜間中学から学びはじめ、現在同志社大学の大学院で経営を学んでいます。レザさんのこれまでとこれから、レザさんの目に世界と日本はどう映っているのか。
『11月の講座』の画像

日本生活が長い中国人ビジネスマンの目に映る日本とは。また、中国、周辺諸国とどう関わって行くのか。ゲストのお話しの後は、参加者も加わって意見や感想をシェア。理解を深めます。※今回の会場はアジア図書館(阪急淡路駅下車5分)です。
『10月の講座』の画像

東アジアを考える講座2018年9月講座「入国管理センターで起きていることー被収容者暴行事件からー」9月24日19;00~会場:バラエティ―サークル講師:前堂あゆみさん、暴行事件被害者   (TRY 外国人・難民とともに歩む会)会費:1000円問い合わせ:アベ(080・1
『東アジアを考える講座9月』の画像

米朝会談は在日の人々にどう映ったのか、その先にあるものは何か。8月は、コリアNGOセンター事務局長の金光敏さんに、コリアンタウンの街角からみる朝鮮半島情勢を語っていただきます。 
『東アジアを考える 8月のご案内』の画像

6月18日午前8時前に発生した地震のため、当日予定していた鄭喜斗さんを招いての回は中止。参加を予定されていた皆さま、がっかりさせて申し訳ありませんでした。7月30日(月)に再度講師をお願いしています。
『高麗美術館設立秘話、7月に講演』の画像

↑このページのトップヘ