東アジアを考える イメージ画像

更新情報

6月18日午前8時前に発生した地震のため、当日予定していた鄭喜斗さんを招いての回は中止。参加を予定されていた皆さま、がっかりさせて申し訳ありませんでした。7月30日(月)に再度講師をお願いしています。
『高麗美術館設立秘話、7月に講演』の画像

6月18日(月)は高麗美術館事務長の鄭喜斗さんがをお招きします。「高麗美術館には展示品より大切なものがある」という鄭喜斗さんに、父鄭詔文さんの人生を振り返りつつ、広く在日の歴史と重なる美術館設立までの道のり、また、南北米朝会談への思いや今後の美術館の姿など
『6/18 わが父 鄭詔文と高麗美術館』の画像

5月の講師は詩人の丁章さん。無国籍在日サラムという「抵抗者の視座」から見える世界とは。
『5月例会』の画像

◎4月と5月は研究者と詩人を講師に、個人と国家の在り方を考える連続企画。どちらか一講座でもご参加歓迎です。4月23日「最近のヘイト─排外ムードの現状と東アジア」講師:岡本朝也さんヘイトスピーチとは何か、なぜ駄目なのか、そして今、規制はどうなっているのか…と
『4月、5月のご案内』の画像

↑このページのトップヘ